水周りリフォーム成功の秘訣

水周りリフォームのポイント

水周りリフォームのポイントは、無駄をなくして収納力を高め、使いやすく美しい機能美空間にすること。そのとき、汚れにくくお掃除しやすい素材を選ぶことや、節水・省エネなど地球にやさしい機器を選ぶことを忘れずに。すべてはご家族にとって心地よいかどうかがポイントとなります。

浴槽のポイント

  • 浴室の広さ
  • 浴室の温度(寒くない)
  • 浴槽の大きさ・深さ
  • 掃除のしやすさ
  • 省エネ性能(ガス・電気)
  • キッチンと同時使用したときの給湯性能
  • バリアフリー

「広さ・快適さ」はもちろん、「掃除のしやすさ・節約」といったポイントも重要です。また、お年寄りがいるご家庭では、浴室暖房の設置によるヒートショック予防、手すりの設置による転倒防止などが求められます。バスタイムをもっと快適にするため、ミストサウナなどプラスアルファの機能を持たせるのもおすすめです。

浴槽のリフォーム事例はこちら

トイレのポイント

  • トイレの広さ
  • 収納スペース
  • 便器のタイプ・機能
  • 掃除のしやすさ
  • バリアフリー

常に衛生的な環境を保つための掃除のしやすさ、快適さをアップするための便器のタイプ・機能がポイントです。予算に合わせて、家族全員が使いやすい環境を整えましょう。

トイレのリフォーム事例はこちら

洗面台のポイント

  • ボウルの大きさ・深さ
  • キャビネットの高さ
  • 収納棚
  • 鏡の位置・大きさ

洗面台のかぎられたスペースをどう有効活用するかがポイントです。収納棚を増やすのか、洗髪などを考えて大きめのボウルにするのか優先順位を設けて考えましょう。

洗面台のリフォーム事例はこちら

内装のポイント

  • クロス・畳・床・建具のデザイン性
  • クロス・畳・床・壁・建具の環境性能
  • 家族構成に合わせた間取り
  • ペットの暮らしやすさ
  • バリアフリー

内装リフォームは範囲が広いため、部分的に行うのか、大規模に行うのかによって注意するポイントが変わります。部分的に手を加える場合は、周囲の雰囲気と合うか、無駄がないかなどをあらかじめ考えましょう。

内装のリフォーム事例はこちら